[ 戻る ]

盗難硫酸、錠にかける

2011-10-13 12:46:54 No Comments

 白老町立白老中学校から劇薬入りの瓶7本が盗まれた事件で、道警は12日、同町本町1丁目の白老八幡神社境内で硫酸の空き瓶1本が見つかったと発表した。さい銭箱の施錠部分に硫酸をかけた跡があり、壊されたさい銭箱の中から現金約600円が盗まれていた。道警は、錠を溶かすために硫酸を使ったとみて窃盗容疑で調べている。

 苫小牧署や捜査3課によると、10日午前7時ごろ、神社の宮司がさい銭箱が壊され、現金が盗まれていると110番通報した。近くに空き瓶があり、ラベルから白老中で盗まれたものとわかった。

 神社の防犯カメラの映像には、同日午前3時10分ごろから約10分間、フードやマスクで顔を隠した4人が、さい銭箱に液体をかけたり、ノコギリのようなもので格子の部分を切ったりする様子が映っていた。最終的に錠は溶かせず、格子に開けた穴から手を突っ込んで盗んだとみられる。映像では、1、2人が自転車に乗っていたという。

 白老中では校舎1階の理科準備室の窓ガラスが割られ、スチール製薬品庫から硫酸入りの瓶(500ミリリットル)4本と塩酸入りの瓶(同)3本が盗まれたとして同日午後3時ごろ、同署に通報があった。同校と神社の距離は約1キロ。

引用:朝日新聞


600円のために硫酸まで盗んでなにやってんだwww
ってことですね
しかも硫酸いらなかったっていう

北海道の中学校で起きた事件です。
中学校から硫酸が盗まれた盗まれたようなのでこの4人も中学生だと思うのですが・・・
その行動力をもっと別のことに使ってください!

Previous Entry:幼稚園の入試問題


コメント

  • コメントはありません


コメントをどうぞ

ハンドネーム・イニシャル可

非公開です。表示はされません。


携帯版

ゆとり教育を知ろう!の携帯版ホームページ ゆとり教育を知ろう!の携帯版ホームページはこちらからアクセス- 携帯に送信 -