[ 戻る ]

ネット用語の「ゆとり」

2011-08-12 15:32:07 No Comments

日本最大の掲示板2ちゃんねるや動画共有サイトニコニコ動画など、インターネット上ではゆとり教育による学力低下を引き合いに出して"ゆとり"という言葉が相手を侮辱するとき等に使用されています。


例:これだからゆとりは・・・


本来"ゆとり"とは「物事に余裕があり窮屈でないこと」という良い意味で使われるはずなのですが、インターネットスラングでは軽蔑で使われる場合が多いようです。


最初はゆとり教育を受けた世代を指していましたが、最近では年齢は関係なく「常識がない」「頭が弱い」などといった相手に使われるように意味合いが変わってきています。


似たような用語に※1厨房・※2DQN等がありますが、これらに代わる言葉として定着してきているようです。


このように実際の"ゆとり"とネット上での"ゆとり"では大きく意味が異なるので、覚えておいて損はないはずですよ。



※1中学生レベルの程度の低い相手を指す用語。中学生を指す"中坊"をわざと誤字変換して"厨房"に変化させたものである。これも"ゆとり"と同じく最初は中学生を指していたが、使われ方が変化し中学生レベルの程度の低い相手を指すときに使われるようになった。

※2一般の感覚から著しくはずれている者を指す用語。「目撃!ドキュン」というTV番組の再現VTRに登場する人物があまりにも常識はずれな人間がよく出てくることから、この番組の再現VTRに出てくるような非常識な人物をドキュンと呼ぶようになり、発音をアルファベットに当てはめ"DQN"と表記するのが主流になった。



コメント

  • コメントはありません


コメントをどうぞ

ハンドネーム・イニシャル可

非公開です。表示はされません。


携帯版

ゆとり教育を知ろう!の携帯版ホームページ ゆとり教育を知ろう!の携帯版ホームページはこちらからアクセス- 携帯に送信 -