[ 戻る ]

ブログはじめました!  ゆとり教育を受けた人の社会進出

2011-08-09 14:27:13 No Comments

はじめまして。「ゆとり教育を知ろう!」のサイト管理人です。

今回からひっそりとブログを書かせてもらうことになりました。
本サイトで書けなかった、砕けたフランクな内容などを気が向いたときに更新していこうと思います!


ゆとり教育を受けた人の社会進出

ゆとり第一世代であるとされる1987年生まれは、大学に入学し順当に学年進行していれば2010年卒の就活生となっています。つまり2010年からゆとり教育に浸かった世代が社会人の一員になっています。

ゆとり社会人は、先輩社会人からどう見えているのでしょうか?
なんとその結果は・・・

「マナーができてない」「空気が読めない」「先輩にあいさつしない。席を譲らない」「進んで人にとけ込もうとしない」「コミュニケーションができない」

Oh... 見事にマイナスイメージしかありませんね・・・
管理人もゆとり教育世代なので、そう思われていると考えるだけで肩身が狭いです。

以下はゆとり社会人の行動の一部です。

◇ 仕事放棄
・ 新商品発表会の案内状を作って発送するよう頼んだら、「やり方がわからない」と放置。
・ みんなで案内状を作っていたら、本人だけ「5時半になったから」と帰ってしまった。

◇常識はずれのメール
・ 課長が「頼みたい仕事がある」といったら、「あとでメールで送ってください」。話してもメモをとらない。風邪で休むという連絡も同僚にメール。
・ クレームへの謝罪文を送らせたら、顔文字だった。

◇自分が嫌なことは断る
・ 書類の整理など「私らしくない」と拒否。
・ 上司から「飲みにいこう」と誘われたら、「数日前にいってもらわないと、心の準備ができないので、アポをとって」と帰ってしまった。


さすがゆとり!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!
  ・・・冗談です

さすがに自分はこんなことする勇気も発想もありません。
といいますか、実際にこのような人にお目にかかれたことがありません。


このような新社会人が増えてきた事に関して個人的な意見を挙げます。

近代化による携帯電話のメールの普及・インターネットによるコミュニケーションの変化や、TVゲーム・携帯ゲームの普及による子供の遊び方の変化などの生活環境の変化が影響しているのであって、一概にゆとり教育のせいだとはいえないと思います。2009年度前からも少なからずこういう愉快な非常識な人はいたと思いますしね。

しかしジャスト2010年からこのような新社会人が増えてきはじめたということは、やはりゆとり教育のせいなのでしょうか?

ゆとり社会人のみなさん!このようなマイナスイメージを跳ね除けるようがんばりましょう!



コメント

  • コメントはありません


コメントをどうぞ

ハンドネーム・イニシャル可

非公開です。表示はされません。


携帯版

ゆとり教育を知ろう!の携帯版ホームページ ゆとり教育を知ろう!の携帯版ホームページはこちらからアクセス- 携帯に送信 -